魔女の宅急便

魔女の宅急便 カラスがつなぐウルスラとキキ

この記事では、ウルスラ宅のカラスの特別な色や種類、その背後に隠された深い意味に迫ります。
カラスが真っ黒でない理由、実在する鳥を元に描かれたカラスの特徴、ウルスラとカラスの共同生活の描写など、作品の舞台背景とリアリティの追求が反映されているのです。
ウルスラとカラスの関係は、人と人との関係における理解と共感の重要性を象徴しており、人々にとって意味深い洞察を提供しています。

この記事で判ること
  1. ウルスラ宅のカラスの特別な色は舞台背景から来ている
  2. ウルスラ宅のカラスは実在する鳥がモデル
  3. ウルスラとカラスは深い絆で結ばれている
  4. ウルスラとカラスの関係は良い人間関係の象徴
  5. ウルスラは森でカラスと共同生活を送っている画家

魔女の宅急便 カラスとウルスラの不思議な関係

魔女の宅急便では、カラスとウルスラというキャラクターが重要な役割を果たしています。
このセクションでは、カラスがキキとウルスラを引き合わせた真実と、ウルスラ宅のカラスのカラスらしからぬ色と種類について探ります。

魔女の宅急便に登場するカラスが真っ黒でない理由は、舞台となった街が日本ではないからです。
作品のリアル感を出すために、外壁のキズや庭に咲く花にまでこだわりが見られます。
そのため、その街に実際にいるカラスをモデルにすることが重要でした。
この魔女宅の街は「スウェーデン」が舞台になったと言われています。
このような背景から、カラスの色が黒でない理由が判ります。

カラスがキキとウルスラを引き合わせた経緯

ウルスラとキキ

魔女の宅急便の中で、カラスとウルスラの関係は非常に興味深いものとなっています。
ウルスラとカラスの関係は、一見すると単なる偶然の出会いに見えるかもしれません。
しかし、その背後には深い意味が隠されています。
ウルスラがキキと知り合ったのは、カラスが、キキが仕事で運んでいたぬいぐるみを傷つけたことが原因でした。
この出会いが、後にキキとウルスラの深い絆を築くきっかけとなりました。
カラスはウルスラに対して攻撃することなく、大人しく絵のモデルになっていました。
ウルスラに対してカラス達は気を許し、アトリエの家の屋根に遊びに来るまでになっています。

カラスとウルスラの関係の深い意味

魔女の宅急便、ウルスラとカラス

Studio Ghibli

ウルスラ自身「すっかり仲良くなって」と言うように、カラスたちがウルスラに気を許しているのは間違いありません。

一方、キキは魔女であり、カラスを召使いとして従わせる立場のはずでした。
しかし、力で抑え込むやり方では、カラスたちは言うことを聞かなくなってしまっていました。

ウルスラのように、コミュニケーションを取って仲間として接するということの大切さを、キキはここで学びました。
このエピソードは、人々が互いにどう接するべきか、どうコミュニケーションを取るべきかという普遍的なテーマ性を持っています。
カラスとウルスラの関係は、人と人との関係における理解と共感の重要性を象徴しているのです。
カラスがキキとウルスラをつなげた真実は、単なる物語の中の出来事ではなく、私たち自身の人間関係に対する深い洞察を与えてくれています。

ウルスラ宅のカラスの特別な色

魔女の宅急便に登場するカラスが真っ黒でない理由は、この物語の舞台となった街が日本ではないからです。
作品のリアル感を出すために、外壁のキズや庭に咲く花にまでこだわりが見られます。
そのため、その街に実際にいるカラスをモデルにすることが重要でした。
この魔女宅の街は「スウェーデン」が舞台になったと言われています。
このような背景から、カラスの色が黒でない理由が推測できます。

カラスの種類

ウルスラ宅のカラスは実在する鳥を元に描かれていると言われ、その候補の一つは「ニシコクマルガラス」です。
特徴的な白い部分と鳴き声が映画のカラスと似ており、全体のサイズ感も小さめで似ています。
生息地がヨーロッパのニシコクマルガラスや、オーストラリア生息のカササギフエガラスなどがモデルとなった鳥として考えられます。
右の写真は、ムナジロガラスといい、映画に出てくるカラスに一番似ていると思うのですが、生息地はアフリカだそうです。
真っ黒なカラスはスウェーデンに似合わないが、アフリカの鳥ではあるが、ムナジロガラスならデザイン的にOKと宮崎監督が判断されたのかも知れません。

ムナジロガラス
ムナジロガラス(Wikipedia)

魔女の宅急便 カラスの影響とウルスラの魅力

魔女の宅急便のカラス

Studio Ghibli

ウルスラは「魔女の宅急便」において、キキの成長に大きく関わる人物で、彼女とカラスとの共同生活が描かれています。

このセクションでは、ウルスラの魅力とカラスとの共同生活の描写、そしてウルスラのアトリエでの創造活動におけるカラスの影響について、これらの側面から詳しく説明しました。
ウルスラとカラスの関係性は、作品全体のテーマ性に深く関連しており、その中での彼女の役割と魅力が際立っています。

ウルスラとカラスの共同生活の描写

19歳の画家であるウルスラは、『魔女の宅急便』に登場します。
彼女は森の中の小屋でカラスと共同生活を楽しんでいました。
彼女の性格は活動的で器用、明るく、気遣いができるしっかり者で、ちょっとした辛いことも笑い飛ばしてしまう豪快さを持ち合わせています。
しかし、その背後には表に見せない繊細さも感じられます。

ウルスラとカラスとの関係は特殊で、カラスたちはウルスラに対して攻撃することもなく、大人しく絵のモデルになっています。
彼女の言葉に対して、カラスが理解しているかのような様子も描かれており、「いい子ね。動かないでね?」「ステキよ?」「あんた美人だね」といったウルスラの言葉に対して、カラスたちは警戒心を解き、気を許して再びアトリエに訪れるような関係にまでなりました。

このウルスラとカラスの関係は、人と人との関わり方として大切なことが伝えられています。
ウルスラのようにコミュニケーションを取って仲間として接することの大切さを、キキも学んだと言えるでしょう。
ウルスラとカラスの関わり合いのエピソードは、人と人との関係を改善しようと行動すること、自分が変わっていくことの大切さを表しています。

この共同生活の描写からは、ウルスラの人間性とカラスとの深い絆が感じられ、その中には多くの意味が込められています。

「魔女の宅急便 カラス」まとめ

「魔女の宅急便」のカラスとウルスラの関係は、物語の中で重要な役割を果たしています。
ウルスラは森の中でカラスと一緒に暮らす画家で、彼女の創作活動にカラスが深く関与している様子が描かれています。
ウルスラ宅のカラスは実在する鳥を元にしていると言われ、その一つは「ニシコクマルガラス」です。
カラスとウルスラの不思議な関係は、人間関係に対する深い洞察を提供しています。
ウルスラとカラスの関係を深く探求することで、新しい発見があるかもしれません。

この記事のトピック

  1. ウルスラ宅のカラスの特別な色は、舞台となった街が日本ではないため
  2. ウルスラ宅のカラスは実在する鳥「ムナジロガラス」などをモデルにしている
  3. ウルスラとカラスは主従関係を超えた深い絆で結ばれている
  4. ウルスラとカラスの関係は、人との関わり方として大切なことを伝えている
  5. ウルスラは19歳の画家で、森の中の小屋でカラスと一緒に暮らしている
  6. ウルスラとカラスの関係は、自分が変わっていくことの大切さも表している